Sound Typenisters♪ 《跡地》

Typenistを愛するグループのメンバー4人が運営していたブログの跡地です。

Typenist Fan Site Group 01        Establishment 2009.02.03 Tue  
Page Move
| Home |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:--:-- ] Re:edit | Category : スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

cele_cro:寝転がりtyp

セレはHPを消耗した時や、寝る体勢、寝起きの時は基本的にこの「寝転がりtyp」というものをします。
厳密に言うと寝転がりじゃないです←

そもそもPCの高さとベッドの高さが…

P1000023.jpg

PCのほうが数センチ高いですが、ほとんど同じ高さなんですね。
で、PCの前にまくらをおいて、PCから遠いほうの長辺にあたる部分に自分の胸辺りがくるように寝ます。
あとはこの状態で打つだけです。

この状態ではどういうことが求められるかと言うと、

・ブラインドタッチ(タッチタイピング)を確実にすることができるか?
・自分の体が疲れてこないか?

が主に求められます。
体が疲れてくることはとにかくこの体勢で打ちまくるとなんか慣れてきます。
問題は最初のほうです。ブラインドタッチができないとこんなものたまったもんじゃないです。
そう言いながら自分は少なくとも去年の夏休みくらいからこれをしている気がします。

もちろんタイピングの勝手が違うので最初は戸惑いますが
慣れてくれれば本当に座ってるときor自分が一番打ちやすい体勢でタイピングをした時に匹敵するほどの
スピードと正確性を身につけることが可能です。
あと、気分しだいで後ろに伸びている両足をバタバタしたりできます。
さらに慣れてくると…予想ではこの体勢が一番速くタイピングができる体勢になるかもしれませんね←

ちなみにこの写真ではPCがベッドの前にありますが、ベッドに座ってPCをすることもあります。
自分の場合…。

Typenistで真剣にプレイするとき→机にPCをおいて椅子に座ってプレイ
特に普通の作業等をするとき、気軽にTypenistをするとき→ベッドに座ってプレイ
眠たいとき、疲れたとき→寝転がりプレイ



みたいなもんです。まあ、寝転がりとベッド座りは、気分しだいによってまちまちです。

ただし、ベッドにてPCをするときは、PCを落とさないように気をつけましょう。
この写真では、例えばPCを左のほうに押すと簡単に落ちてしまいます。
落ちると元も子もないので、それだけは気をつけてプレイしましょう。
ちなみにPCが乗っているのはプリンターの上です。
その上にタオルを置いているのはマウスが動きやすくするためです。
スポンサーサイト
Page Move
| Home |
Page Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。